成功事例集

どきどきツアーズ様(オーストラリア・ケアンズ)

自社サイトでの販売や在庫管理課題をNutmegが解決してくれた

オーストラリア・ケアンズにおいて日本人の旅行客取扱数が最大規模の催行会社どきどきツアーズでは、利用者数が増えると共に予約や在庫管理の生産性に課題を抱えていた。また従来の集客経路の他に、自らのサイトで集客を増やす戦略も重視している。Nutmegの導入のきっかけや、導入効果について話を伺った。

どきどきツアーズロゴ
どきどきツアーズ
2006年創業。ケアンズ観光ツアーのパイオニアとして、日本人を対象に15年間ツアーを催行している。世界遺産キュランダ、グレートバリアリーフ、夜行性動物探索ツアーなどが人気。オーストラリアエコガイド協会認定企業。
どきどきツアーズセールスマネージャー

役職:セールスマネージャー
氏名:三上 ジュン

課題アイコン
  • 在庫管理に予約担当スタッフの工数の25%を費やす
  • マニュアル作業による入力ミスなど
  • 自社サイト集客が不十分
打ち手アイコン
  • ツアーの在庫を予約台帳で管理
  • 自社・他社共に新規予約を予約台帳に紐付け
  • 自社マーケットプレイスの開設
効果アイコン
  • 在庫は自動管理。ダブルチェックのみの運用へ
  • 1件あたりの処理見込み時間を半分へ
  • カテゴリ・絞り込み検索機能など、OTA並みの自社サイトを開設

内容の目次

  • 1. APIによる予約連携で業務効率を改善
    • 1. 1. グループ企業の予約システム導入事例をもとに、Nutmegを採用
    • 1. 2. API導入から在庫管理まで全て対応。生産性アップも期待
    • 1. 3. 在庫管理が日々の業務を圧迫していた
  • 2. 職人技のような予約管理に再現性をもたせる
  • 3. Nutmeg導入でサイト固定費が最大20%改善
    • 3. 1.生産性という付随効果にも着目
    • 3. 2.理想の売り場は自らの手で。自社集客を実現できるプランを選択
  • 4. スポットサービスは価格に見合うサービス
  • 5. アフターコロナはケアンズの関係各社とのAPI連携やDX化を更に進めたい
事例資料ダウンロード

SHARE