成功事例集

エメラルドグリーンダイビングセンター様(フィリピン・セブ)

手書き管理から予約台帳に変更し
生産性が最大40%アップ!

フィリピン・セブ島は日本人にも大変人気のリゾート。エメラルドグリーンダイビングセンターは、創業20年以上の老舗ダイビングショップとして非常に多くの日本人観光客やダイバーに親しまれています。フィリピンに7店舗を展開する当ショップでは2019年より予約サイト・予約管理にNutmegのシステムを導入しています。今回はマクタン店の荒井さん、津田さんに導入経緯や導入後の業務影響についてお話しを聞きました。

エメラルドグリーンロゴ
エメラルドグリーンダイビングセンター
1997年創業。日本人が利用するフィリピン国内のダイビングショップとしては最大手となり、日本人スタッフ常駐できめ細かいサービスは家族参加も安心。各種ダイビングツアーはもちろん、複数の支店を持つ強みを活かしたオスロブやモアルボアルなどへのツアーも快適に参加ができる。

>氏名:荒井 弥生(ジェネラルマネージャー)・津田 篤(セールスマネージャー)

課題アイコン
  • 手書きの予約管理は時間がかかり確認作業が多発
  • 手書きでは記入者による違いが生まれ生産性も低下
  • 取引先からの空席確認のためのFAX・メール・電話が昼夜問わず発生
打ち手アイコン
  • Nutmegを導入して予約をシステム化
  • 予約管理の運用を自社や支店間で共有し、統一した予約管理へ移行
  • 在庫管理システムを取引先へ開放し、連絡不要で空席確認・予約取得ができるように設定
効果アイコン
  • 手書き作業がなくなり、社員間での予約確認が円滑に
  • 記入漏れやミスがなくなり、生産性が最大40%改善
  • 取引先との連絡も重要な案件に絞られるようになりお客様対応の時間が増加
事例資料ダウンロード

SHARE