成功事例集

S2 Club グアム店様

閑散期のダイビング予約底上げに成功した既存取引先とのAPI連携術

「全ての皆様がもう一度来たいと思えるサービスを!」をコンセプトに掲げ、初心者からベテランダイバーまで高品質のダイビングサービスを提供するS2 Club グアム店は、日本国内やサイパン、フィリピン・セブでもブランドを展開するダイビングショップ”S2 Club”のフランチャイズ店です。2001年の創業から20年間、日本人やグアム島内のお客様にブルーホールといったダイビングスポットをご案内をしてきました。近年では、ウミガメが高確率で見れることでスノーケルツアーも大人気となり、ノンダイバーによる予約も急成長。増え続ける予約や問い合わせに対応するため、導入したNutmegシステムに関する意見を伺いました。

S2 Clubロゴ
S2 Club グアム店
2001年創業。創業以来グアムを代表するダイビングショップの一つとして、日本からのお客様を中心にダイビングツアーを提供している。ダイビング専用ボート「PEGASUS」を所有し、ブルーホールなど沖合のポイントにもリーズナブルな価格で参加できる。Go Proレンタルなど利用者の声を取り入れてサービス面にも注力している。

>氏名:野村 鈴代(セールスマネージャー)・神成 知美(アシスタントジェネラルマネージャー)

課題アイコン
  • 繁忙期の在庫管理
  • お客様からの問い合わせ対応
  • 自社サイトの予約管理を手動で対応
打ち手アイコン
  • 主要取引先(OTA)とAPIで在庫連動
  • 在庫連動により空席確認の問い合わせを削減
  • 予約管理システム(Nutmeg)導入
効果アイコン
  • OTAからの予約は自動作成。繁忙期の対応工数が大幅に削減
  • 空席確認の問い合わせが減り、不要な対応時間を削減
  • 予約管理システムの利用で手配を確実に実施

内容の目次

  • 1. 自社在庫を取引先と連携、予約管理工数が激減
    • 1. 1. 自社でもOTAのような予約管理システムを取り入れたいという思いがきっかけ
    • 1. 2. 繁忙期の在庫管理工数が大幅に改善
    • 1. 3. 閑散期にも安定した予約成長が見えた
  • 2. アフターコロナでは新しいオペレーション・販売方法に挑戦
    • 2. 1. マーケット予測ができないからこそ作業効率を見直す
    • 2. 2. 商品戦略に変化をもたせる
    • 2. 3. 多言語展開で予約経路を広げる
  • 3. 高齢~若いお客様まで、使っていただけるサービスを目指す
    • 3. 1.マーケット回復後はウェブ予約に注力
    • 3. 2.利用者増加による業務逼迫を改善したい
事例資料ダウンロード

SHARE